センター・オブ・ジ・アース(2D・日本語吹替版) – JOURNEY OF THE CENTER OF THE EARTH – (個人的評価:★★)

センター・オブ・ジ・アース 2D版<日本語吹替版>を映画の日に観てきました。

まず、個人的には、字幕版の上映が全国でも10に満たず、関東地区の上映館がないというのが、非常に不満でした。「ライラの冒険」でコケたGYAOの子供連れでも来やすいようにしようとした戦略が見え隠れしましたが、実際、子供連れが多く来ていたので、戦略としては成功なんでしょうね。

肝心の内容ですが、テレビCMや予告編で見せたシーン以上の見せ場もなく、上記のようなマーケティング戦略で集客を増やさないといけなかったのも仕方なしかなと思える内容でした。
アトラクション・ムービーとしては、面白いと思うのですが、テレビCMや予告編以上の見せ場を期待するも「やっぱりか?」という内容でしたね。
パンフレットには、監督のインタビューに「2Dでも楽しめるものにしたかった」とありますが、3Dだと新鮮味のある作品だったのかもしれません。ビデオ・DVDリリースでヒットするかもしれませんね。

パンフレット 評価:★★★★(インタビューあり。作品は平凡でも、パンフレットはこの価格でこの内容なら満足。)
縦 500円

参考:
センター・オブ・ジ・アース 2D版<日本語吹替版> – goo 映画
センター・オブ・ジ・アース@映画生活

作品の評価:
「センター・オブ・ジ・アース」 (ひらりん的映画ブログ)
センター・オブ・ジ・アース(映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)

「センター・オブ・ジ・アース(2D・日本語吹替版) – JOURNEY OF THE CENTER OF THE EARTH – (個人的評価:★★)」への4件のフィードバック

  1. センター・オブ・ジ・アース

    映画館にいながらテーマパークのアトラクションの迫力が味わえる冒険ファンタジー。地質学者のトレバーと甥のショーン、山岳ガイドのハンナの3人はアイスランドの洞窟から地底世界へ転落。そこは地球の中心部で、恐竜や食人植物などが生息する、恐ろしくも美しい世界だった

  2. センター・オブ・ジ・アース

    予告を見た子どもが楽しみにしていました~吹き替え版で鑑賞―(というか、コチラでは吹き替えしか上映していない・汗)【story】兄の遺志を継いで地質学研究に打ち込むトレバー(ブレンダン・フレイザー)は、甥っ子のショーン(ジョシュ・ハッチャーソン)を預かるが、ぶ

  3. 映画:センター・オブ・ジ・アース 3D版 観てきました

     最近の3D映画はすごい!と聞きつけたので、センター・オブ・ジ・アース 3D観に行くことに。3Dでやっている映画館を探して観てきました。

  4. センター・オブ・ジ・アース<ネタバレあり>

    3D上映で観てきた。 かなり面白い 目の前に出てきまくり3Dと言えば 赤色と青色のメガネ・・・な~んてイメージがあるおばはんですが最近は違うのねえぇ~ ディズニーシーのマジックランプシアターのメガネもそうだけどふつーのサングラスなんやねぇ 今どきは~チ..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です