GPD P2 MAXとモバイルPAT投票環境

東芝のLIBRETTO 20+PHS接続(当時はJRA謹製PAT投票ソフトでの9600bpsのみなし接続!)から始まったモバイルPAT投票環境ですが、LIBRETTO100、VICTOR INTERLINK+DDI POCKETから時は流れ、JRAの競馬場でWiFiがつかえるようになってからは、Lenovoまたは中華Windowsタブレット、GPD POCKETシリーズと使ってきました。

モバイルPAT環境構築のコンセプトは

  1. なるべく自宅と遜色ないPAT投票環境
  2. 指定席の狭いスペースに置ける大きさのノートPC
  3. 持ち運びが多くならないノートPC本体800g以下

でした。

過去のノートPCを使って、ネックだったのが、スーパーパドック、TARGET Frontier JVの起動が遅い、表示等が重いところでした。

今回、INDIEGOGOのクラウドファンディングで購入したこのGPD P2 MAX(16GB Memory+512GB SSD+Core m3 8100Y)ですが、8.9インチかつオーバーFULL HD、本体650gでスーパーパドック、TARGET Frontier JVもキビキビ動いて、指定席のテーブルにも置ける割に、それなりに画面も広く、今のところ、大満足です。

GPD P2 MAX箱
GPD P2 MAXとGPD POCKET2本体比較
GPD P2 MAXでTARGET起動
GPD P2 MAXでスーパーパドック2005起動
GPD P2 MAXとGPD POCKET2画面比較

iphone 8 から iphone XS へ

楽天フリマでほぼ新品を入手できたのでさっそく移行開始!

(移行する前に、LINEアカウント引き継ぎ設定をした後で実施)

unboxed

itunesでのバックアップを介しての移行ではなくなったので作業がだいぶ楽に。

重ねてみると思っていたほど大きさに差がないことに驚き。

新旧iphone重ね合わせ

いまだに「テンエス」じゃなく「エックスエス」と言っちゃう時がありますが、早くFaceIDとノッチに慣れないと・・・・・。