ランボー 最後の戦場 – JOHN RAMBO – (個人的評価:★★★)

さっそく初日にランボー 最後の戦場を観てきました。

スタローンは改めて歳を取ったなあと思いますが、作品に掛ける熱意はロッキー・ファイナル同様、スクリーンから十分に伝わってきました。
舞台は『内戦』下のミャンマーとかつてのランボー・シリーズからするとスケールダウンしているように見えますが、ある意味、1作目に原点回帰したとも取れるようなストーリーでした。
ただ、戦場のシーンはシリーズ中で一番エグかったように思います。戦場の最前線は、規模の大小は問わず、極限の人間同士の戦いがあり、常に厳しい状況下なのだということは十分に理解できました。
このあたりもスタローンがあえて、観た人にミャンマー内戦の最前線の現状を知らしめるために、残虐な描写をしたのでしょう。
日本の公開前に、ミャンマーのサイクロン禍があり、その後の軍事政権の対応への国際的批判が集まっていますが、この作品を額面半分に受け取っても、政権の一面はよくわかりました。

ストーリー的にはひねりもなく普通の展開で、過去のシリーズと比較して、ランボーと互角に渡り合うヒールがいなかったので、消化不良気味の感があっても、あえて「スタローンよくがんばった」と言いたいですね。

原題は「JOHN RAMBO」といたってシンプルなのですが、GAGAはやたらと誇張して「最後の戦場」と煽りまくっていますね。
スタローン自身は、そういう意図を持って作ったとの話も伝わっていますが、実際のところはどうなのでしょう・・・・。
ただ、スタローンの動きとかを見ていると少なくともランボー・シリーズは最後なのかな(最後でいい)という気がしますね。

最後に、世間知らずで恐縮ですが、劇中ミャンマーではなく「BURMA:ビルマ」というセリフがところどころ出てくるので、気になっていたのですが、国際的に「ミャンマー」という国名が認知されているわけでもないということも、この作品を通じて知った次第です。

パンフレット 評価:★★(前3作までの歴史をもうちょっと掘り下げてくれてもよかったかな??)
価格600円 横

参考:
ランボー 最後の戦場 – goo 映画
ランボー 最後の戦場@映画生活

作品の評価:
『ランボー 最後の戦場』(セガール気分で逢いましょう)

「ランボー 最後の戦場 – JOHN RAMBO – (個人的評価:★★★)」への5件のフィードバック

  1. 【2008-125】ランボー 最後の戦場

    人気ブログランキングの順位は?1982年、アメリカ───自らの尊厳のため1985年、ベトナム───幾多の戦友のため1988年、アフガニスタン──唯一の理解者のため2008年、ミャンマー───すべてに決着をつけるためムダに生きるか、何かのために死ぬか───….

  2. ランボー 最後の戦場 観てきました

     代休を足らねばならず時間ができたので今日はランボー 最後の戦場を観ることができました。

  3. 「ランボー 最後の戦場」さらば怒りの戦士よ

    「ランボー 最後の戦場」★★★★シルベスター・スタローン主演シルベスター・スタローン監督、2008年、アメリカ、90分ベトナム戦争帰りの軍人が武器を手に取って立ち上がるには、それ相応の理由が必要だ。となるとアメリカ国内ではその相手が見つ…

  4. 「ランボー 最後の戦場」

    あの孤高の戦士、ランボーが20年ぶりに帰ってきたー。ベトナム帰還兵であり無敵のジョン・ランボーが混迷する21世紀で、世界一残忍な軍隊として恐れられるミャンマー軍事政権に5人の傭兵とともに敢然と戦いを挑む。シリーズ4作目となる本作のタイトルは「ランボー 最

  5. 『ランボー 最後の戦場』’08・米

    あらすじタイ北部の山の中で孤独な日々を送っているジョン・ランボーのもとに、少数民族を支援するキリスト教支援団体の女性・サラが彼の前に現れる。彼らは軍事独裁政権による迫害が続く隣国ミャンマーの窮状を憂い、医療品を届けようとしていたが・・・。感想ランボー万…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です