ベオウルフ/呪われし勇者 – beowulf – (個人的評価:★★★★)

映画の日であり初日だったので、さっそく、ベオウルフを観てきました。

18時台の回を観てきたのですが、お客さんも7割くらいの入りでまずまずでした。
観終わった感想ですが、淡々としたストーリー展開だったものの映像には迫力があり、楽しめました。特に前半の格闘シーン、後半の「空中戦」を交えた格闘シーンは迫力がありました。
やはり、惜しむらくは、ストーリー展開で「起承転結」で言うと「転」と「結」が一度に来たような感じで、もう少しバランス的にどうにかならなかったかと思います。アンジェリーナ・ジョリーが出ていた分だけ、甘めの評価「★★★★」です・・・。

それにしても、アンジェリーナ・ジョリーはCGでも妖艶な雰囲気を醸し出していました。わずかな登場でも、「ベオウルフ」よりもはるかに存在感がありました。
CGのキャラでも存在感のあったアンソニー・ホプキンスやジョン・マルコビッチ、ブレンダン・グリーソンのキャスティングも作品に厚みを増していると思います。

観終わったあとで知ったのですが、「デジタル3-Dシネマ」で観られる映画館もあるそうなので、もう一度観たくなりました。

参考:
ベオウルフ/呪われし勇者 – goo 映画
ベオウルフ/呪われし勇者@映画生活
Beowulf公式サイト(English)

映画の評価:
『ベオウルフ/呪われし勇者』 ( Sweet*Days** )

パンフレット 評価:★★★(出演者のインタビューあり。写真も多め)
価格700円 縦



「ベオウルフ/呪われし勇者 – beowulf – (個人的評価:★★★★)」への8件のフィードバック

  1. 『ベオウルフ -呪われし勇者-』

     
    『ベオウルフ -呪われし勇者-』
     
    この誘惑が、世界をもてあそぶ。
     
    ■『ロード・オブ・ザ・リング』にも匹敵する壮大なストーリー、『300』をも凌駕する刺激に満ちたアクション。最高のファンタジーと最高のアクションがいま完璧なる融合を果たす!それ

  2. 第三十二幕 ベオウルフ

    鮮やかに蘇った古英語叙事詩  映画「ベオウルフ ―呪われし勇者―」

     授業でその名が出てきたものの、とんと、その書はついぞ見開くことがなかった不勉強者には、いごこちの悪さが残る古英語叙事詩『ベオウルフ

  3. 「ベオウルフ」まだまだ微妙なフルCG、凄いのか安いのか

    「ベオウルフ」★★★声の出演:アンジェリーナ・ジョリー 、アンソニー・ホプキンス 他ロバート・ゼメキス 監督、アメリカ、2007年、114分 6世紀のデンマーク、王が盛大な宴を催す中に、醜く巨大な怪物グレンデルが姿を現し人々を虐殺した。 その…

  4. 『ベオウルフ/呪われし勇者』2007・12・2に観ました

    『ベオウルフ/呪われし勇者』公式HPはこちら ←クリック●あらすじ古代デンマーク。時の王フロースガールは、人々を襲い続ける呪われし巨人グレンデルに悩まされていた。その討伐に戦士ベオウルフは立ち上がる・・・・・・・・・・・・。●コラム(^_^;)

  5. ベオウルフ/呪われし勇者

    全編CG映像かぁ~『ポーラ・エクスプレス』っぽいのかなぁ~と、思いながら鑑賞へ―【story】507年、デンマーク。最高の戦士ベオウルフ(レイ・ウィンストン)は、フローズガール国王(アンソニー・ホプキンス)の国を襲う忌まわしき怪物グレンデル(クリスピン・グローバー

  6. ベオウルフ/呪われし勇者 観てきました

     今回はベオウルフ/呪われし勇者を観てきました。いつも行く映画館ではこの映画を上映しているシアターは広いだけで音響良くないし、椅子が狭いし・・・。でも自由席で広いので後ろに人が座る可能性はほとんどなく、椅子を蹴られる心配もないので、映画の世界に没頭はでき

  7. 【映画】ベオウルフ/呪われし勇者…何故アニメなんですかねぇ?

    先日、某レストランで「よろしかったら書いてください」と言われて渡された短冊に、ガンダムのイラスト付きで宇宙の平和{/hiyo_please/}を願っておいたピロEKです{/face_nika/}因みに息子は「弟の病気がなおりますように」{/hiyo_please/}と書いていました{/face_ase2/}。

Akira\'s VOICE へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です