アイ・アム・レジェンド – I AM LEGEND – (個人的評価:★★★)

14日がTOHOシネマズの10th Aniversaryで「1000円」だったので、公開初日のアイ・アム・レジェンドを観てきました。

まず観終わった感想はいい意味でも悪い意味でもCMや映画予告編に騙された(自分が思い描いていた作品のイメージとまったく違っていた)感じです。

・題名からはウィル・スミスがスクリーン狭しと大活躍する「ヒーローもの」のような内容だろうと思ってましたが、フタを開けてみたら、「バ○○○○○○III」の続編みたいな感じ
・「地球最後の男・・・」は宣伝上誇張していると思っていたら、ストーリー上は(ほぼ)その設定どおり

そういう意味で「肩透かしを食らった」感触を持ちながら、ずっと観ていましたが、ストーリー展開は、起承転結で言うところの「起」「承」がおとなしめだったので、「転」がいつになった来るのかと思いながら観ていました。
「転」がなかなか見えてこなかったせいかもしれませんが、「ナイトシーカー」が出てこないので、「ナイトシーカー」より、いつ、(回想シーン以外で)「人間」が出て来るんだ?と何か「焦点」が移ってしまっていたのかもしれません。
ストーリー上や映像上ではさんざん「ネビル以外誰もいない場面」を見せられているのですが、実はそうではないのでは?という「疑い」を持って観ていたので、どっぷり作品に入ってなかったのかもしれません。
そのせいか、観終わって、何かしら物足りなさを感じたのですが、パンフレット等を見ると映像をぱっと見ただけでは理解できなかった「説明不足」のところがあったからだと気づきました。
「ネビル以外誰もいない場面」がほとんどなので、ウィル・スミスはがんばっていたとは思いますが、それにしても、ナイトシーカーは「サウンド・オブ・サンダー」のB級っぽいCGを思い出すくらいイマイチでしたね。
まあ、「バ○○○○○○III」よりはよかったかなという感じです。

パンフレット 評価:★★(レビュー記事ばっかり。いくらなんでもネイチャージモンのサバイバルネタはないだろう!)
価格600円 縦

参考:
アイ・アム・レジェンド – goo 映画
アイ・アム・レジェンド@映画生活

作品の評価:
アイ・アム・レジェンド(Akira’s VOICE)
アイ・アム・レジェンド /I AM LEGEND(我想一個人映画美的女人blog)

「アイ・アム・レジェンド – I AM LEGEND – (個人的評価:★★★)」への30件のフィードバック

  1. ★「アイ・アム・レジェンド」

    2007.12.14の金曜日公開初日の本作。TOHOシネマズ川崎ではナイトショウタイムもやってたので、見てきちゃいました。主演はウィル・スミス。

  2. アイアムレジェンドは詐欺だろっ!!

    昨日はクラスの友達と「I AM LEGEND(アイ・アム・レジェンド)」見てきた。10月ぐらいから楽しみにしてたんだけど…感想ははっきり言ってびっくりだって…↓開いてね↓怖ぇ!!でもいい映画~みたいな感じですわ。はい。変なの出てくるし。やっぱ『ウィル・スミス』はいいよ愛

  3. アイ・アム・レジェンド /I AM LEGEND

    『ナショナルトレジャー~』は続編だしこれがこの冬の一番の大作なじゃないかな? でもリメイク。14日から日米同時公開{/ee_1/}あちらでの評判も聞かないまま、前知識全くなく試写にて観てきました~。 {/kaminari/}ちょっとだけネタバレありでいきます!{/kaminari/}こ

  4. 『アイ アム レジェンド』ジャパンプレミア

    『アイ アム レジェンド』ジャパンプレミア試写会に行って来ました。今回は、何気にウィル・スミス好きの息子と一緒です。会場は、東京国際フォーラムAホールです。この会場は、以前にも息子と一緒に「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」を観に行った会場です。イベントと

  5. [映画『アイ・アム・レジェンド』を観た]

    ▼昨日、いつものMOVIX昭島に行き、公開されたばかりのウィル・スミス主演『アイ・アム・レジェンド』を姪っ子と観た。MOVIXポイントも70Pを超えて、これにて次の映画鑑賞は一回無料で見れるぞい^^自らを「私は伝説だ」などとのたまうタイトルなので、能天気

  6. アイ・アム・レジェンド

    私の名はロバート・ネビル。ニューヨークで生き残っている。もし誰かこれを聞いているなら、もし誰か他にいるなら……誰でもいい、応えてほしい。66億人の絶滅と、たった1人の生存者―。2012年、人間の姿が消え、死んだように静まり返るニューヨークの街。この街がかろ….

  7. 「アイ・アム・レジェンド」観てきました♪

    ☆「アイ・アム・レジェンド」監督:フランシス・ローレンス 出演:ウィル・スミス、サリー・リチャードソン、アリス・ブラガ、ダッシュ・ミホク、パラドックス・ポラック 2012年、人間の姿が消え、死んだように静まり返るニューヨークの街。この街がかろうじて生きてい

  8. 映画「アイ・アム・レジェンド」

    ■邦題:アイ・アム・レジェンド■原題:I AM LEGEND■上映時間:100分■製作国:アメリカ■ジャンル:SF、アクション、ドラマ■配給:ワーナー・ブラザース映画■公開:2007/12/14■劇場:ワーナー・マイカル・シネマズ茨木(劇場7/L席13席)■パンフレット:600円■オフ

  9. アイ・アム・レジェンド (I Am Legend)

    監督 フランシス・ローレンス 主演 ウィル・スミス 2007年 アメリカ映画 100分 SF 採点★ “映画は映画、原作は原作”と割り切って楽しむ性質とはいえ、やっぱり好きな小説の映画化は色んな意味で期待と不安が入り混じるもので。それでもまぁ、映画として面白く出来てい

  10. アイ・アム・レジェンド 2007-66

    「アイ・アム・レジェンド」を観てきました~♪2019年、3年前に起きた伝染病の流行により、人類がほぼ絶滅したと思われていた。誰も居ないNYの真ん中で、軍人で優秀な科学者であるロバート・ネビル(ウィル・スミス)が、愛犬のサムと一緒に生きていた・・・人気Bl

  11. 『アイ・アム・レジェンド』2007・12・16に観ました

    (C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc.『アイ・アム・レジェンド』公式HPはこちら ←クリック●あらすじ2012年、ニューヨーク。おそらくは全世界で、ただひとり生き残った男・軍籍の科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)は3年前に起こった地球

  12. アイ・アム・レジェンド

    SF小説『地球最後の男』の3度目の映画化―といっても原作・前作は知りませ~ん【story】2012年。人類がほぼ死滅してしまった地球で生き残った、科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)。彼は孤独と闘いながら、愛犬サムとともに3年もの間他の生存者の存在を信じて無線

  13. 『アイ・アム・レジェンド』

     『アイ・アム・レジェンド』 地球最後の男に   希望はあるのか。 ウィル・スミスが「俺が伝説だから!!」とかイカれたチャラ男が言うセリフでも吐くのかと思ったらそうではないらしい・・・。でも、廃墟となったマンハッタンって現実の非現実みたいで結

  14. 「アイ・アム・レジェンド 」予告は詐欺映像だった?でも面白かった

    「アイ・アム・レジェンド 」★★★☆ウィル・スミス 主演フランシス・ローレンス 監督、アメリカ、2007年、100分(以下、内容に触れていますので、見終えてから読むことを勧めます)人類最後の男が無人の摩天楼に向けてゴルフの打ちっ放し、傍らには…

  15. アイ・アム・レジェンド

    2007年製作のアメリカ映画。全米初登場1位のメガヒット。人類が絶滅した近未来を舞台に、たった1人生き残った男の奔走を描くSFドラマ巨編。『コンスタンティン』のフランシス・ローレンス監督が、『幸せのちから』のウィル・スミスを主演に、自分以外の生存者を探す科学者が

  16. アイ・アム・レジェンド 評価:★★★

    レビューを更新しました。レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。Review→映画レビュー、から見れます

  17. I AM LEGEND  WILL SMITH  

     アイ アム レジェンド 66億人の絶滅と、たったひとりの生存者ーーーーー 12月18日、MOVX京都にて鑑賞、まだ現在上映続行中という長ロングランの作品です。今月末まで、上映されるようです。 登場するのは、ウィル・スミス演じるロバート・ネビル(

  18. アイ・アム・レジェンド

    ☆FC2ブログランキング☆ & ☆人気blogランキング☆↑今日も1クリックで応援ありがとう~☆↑今日の1本は「I am legend」(邦題:アイ・アム・レジェンド)から。2012年。人類が死滅してしまった地球でたった1人、有能な科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)だけ

  19. 【映画】アイ・アム・レジェンド…前半のダークシーカー怖すぎ((+_+))

    {/kaeru_fine/}去年ぐらいの健康診断で肝臓の瞬間的異常値が出た私。再診の結果、診断エラーの可能性大だったのですが、この機会にと冬ぐらいから2日に1日ぐらいの率で(ペースはバラバラですが{/face_ase2/})休肝日を設けてきました。…まぁ真面目に続けていたのですが、

  20. アイ・アム・レジェンド-(本:2008年55本目)-

    監督:フランシス・ローレンス出演:ウィル・スミス、アリス・ブラガ、サリー・リチャードソン=ホイットフィールド、ウィロー・スミス、チャーリー・タハン評価:69点「あなたは一人きりではない」とウィル・スミス演じるネビルがラジオ放送で呼びかけるたび….

  21. 『アイ・アム・レジェンド』’07・米

    あらすじ2012年。人類が死滅してしまった地球でたった1人有能な科学者のロバート・ネビル(ウィル・スミス)だけが生き残り、究極の孤独と闘いながら愛犬サムとともに3年間もの間、ほかの生存者の存在を信じて無線で交信を続け人類再生の道を探ってきたが・・・。感想..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です