ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (個人的評価:★★★)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団をさっそく観てきました。

今回は、ハリー・ポッターの人間的な弱いところが前面に出て、「悩めるハリー」を尻目に周りの友人たちが逞しくなっていく姿が目立ちました。ヴォルデモートとの「格の違い」を思い知らされたハリーが次回作で「覚醒」するのかどうかは原作をまったく読んでいないのでわかりませんが、その「覚醒」前の前振りだと思って、次回作を楽しみにしたいと思います。

今回も相変わらず、長めの上映時間ですが、ハリー・ポッター・シリーズはそういうものと思えばいいでしょう。これだけ、世界的に読まれている作品なので、あまりエピソード的な場面を端折りすぎると原作のイメージを損なう恐れがあるでしょうし、この作品を映画化する時の「制約」なのかもしれません。ただ、前作と比べると目新しい映像は少ないので、物足りなさを感じるかもしれません。

最後にネタバレになるので詳しくは書きませんが、ハリーと関係のある「大人」はまだまだべらぼうに強いのには脱帽しました・・・。

参考:
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 – goo 映画
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団@映画生活

作品の評価:
激突!!ポケモンVSハリー・ポッター(ダディャーナザン!ナズェミデルンディス)
今週公開の新作映画ラインナップ!!(2007年7月9日)(【映画ライター日記】大滝功の映画番長)
[Review] ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(Diary of Cyber)

パンフレット 評価:★(写真だけ。ストーリーのフォローなどまったくなし。買う価値ほとんどなし)
価格700円 縦



「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (個人的評価:★★★)」への9件のフィードバック

  1. [Review] ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

    世界を席巻し、多くの人を魅了し続けてきた『ハリー・ポッター』シリーズの映画化も、いよいよ5作目。第4作『炎のゴブレット』から急に大人びてきたダニエル・ラドクリフ君達も、もはや外見だけでなく内面も大人に成長しているように見えました。けれど、内面が大人になって

  2. ■説明がちょっと足りない気が・・・~ハリポッターと不死鳥の騎士団

    先週末、新宿バルト9にて”ハリポッターと不死鳥の騎士団”を鑑賞してきました。しかし、”バルト9”いい劇場ですね。初めて行ったのですが、綺麗だし、予約できるし、どの席も前の人の頭が邪魔にならない造りになっているなど申し分ない。また、ここで映画を見たいと思って

  3. ハリポタ不死鳥の騎士団&銀魂&疾風伝

    銀魂は団子大食いで神楽の食い方は凄かったし色々と笑う所も多かったし疾風伝はテマリ達が向いヒルコが若く三代目の風影を傀儡にしたハリポタ騎士団は先週の土曜に観賞し朝9時で客は約40人ぐらいで内容は最初のハリー襲われシリウス家で裁判でルーナ登場まで良くネビ

  4. 先行ロードショーにて ハリーポッターと不死鳥の騎士団 観てきました (音声鳴ります注意)

     今年一番の大本命(?)ハリーポッターと不死鳥の騎士団を先行ロードショーにて観てきました。

  5. 激突!!ポケモンVSハリー・ポッター

    人気ブログランキングの順位は?3連休の土曜日から「劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ」(長っ)が公開されました。そして、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」も20日からの上映に先駆けて3日間の先行上映が….

  6. ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

     『これからお前は[すべて]を失う』 コチラの「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」は、いよいよ7/20に公開となった"ハリー・ポッター"シリーズの第5弾となる最新作なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪とは言っても、既に先週の先行上映でご覧になられ

  7. ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

    ハリー・ポッターシリーズは全部読んでいます。あと最近出た最終巻を残すのみ。映画は、私の好きな「ハリー・ポッターと炎のゴブレット 」がいま一つだったのでこの作品は映画館では観ませんでした。闇の帝王ヴォルデモード卿と戦ったハリーだが、魔法界の人々は

AKATUKI DESIGN へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です