ゴーストライダー – Ghost Rider – (個人的評価:★★★)

ようやくロードショー上映の最終日の最終回でゴーストライダーを観てきました。

スパイダーマンなど映画化された「マーベルコミック」シリーズらしく最初の肩慣らし的な「導入部」の意味合いの内容でした。あっと驚くようなストーリーや映像はなかったですが、最初なんでこんなもんかなといったところでしょう。
役作りのため減量するなどニコラス・ケイジも気合入りまくりなのが伝わってきて、彼の顔がっスカルフェイスのゴーストライダーっぽく見えてしまうくらいです。
次回作(あるかどうかはわかりませんが・・・)以降の展開に期待したいですが、ニコラス・ケイジはナショナル・トレジャーとゴーストライダー、どちらを取るのでしょうか?
個人的には、エヴァ・メンデスが非常によかったので、次回作以降もロクサーヌには、彼女をキャスティングしてもらいたいですね。

参考:
ゴーストライダー – goo 映画
ゴーストライダー@映画生活

作品の評価:
ゴーストライダー(映画鑑賞日記)
『ゴーストライダー』(試写会帰りに)

パンフレット 評価:★★★(ニコラスとエヴァのインタビューあり)
価格600円 縦


「ゴーストライダー – Ghost Rider – (個人的評価:★★★)」への4件のフィードバック

  1. 『ゴーストライダー』

    マーベル・コミックの人気キャラクターをニコラス・ケイジ主演で映画化した『ゴーストライダー』。 いかにもアメコミなストーリーですが、ニコラス・ケイジが演じるという…

  2. ゴーストライダー

    (間奏)

    迫るメフィスト 地獄の軍団
    魂狙う黒い影
    地上の平和を守る為
    ゴー ゴー レッツゴー
    燃え行くマシン
    ライダー(チェーンッ)※
    ライダー(アイッ)※ 

    ゴースト…

  3. 『ゴーストライダー』 燃えるアツいヤツ

    『ゴーストライダー』危険なバイクスタントのショーで人気を博す、天才ライダー、ジョニー・ブレイズ(ニコラス・ケイジ)。そんな彼には、ある秘密があった。17歳の時、病気の父親の命を救うため、悪魔メフィスト(ピーター・フォンダ)に、魂を売り渡してしまったのだ。..

茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です