デジャヴ – Deja vu (Dejavu) – (個人的評価:★★★★)

川崎チネチッタの「前夜祭」先行レイトショーでデジャヴを観てきました。

なかなかよくできた作品です。
タイトルや予告編などでイメージしていたストーリーとまったく違っていました。

衝撃的なオープニングで一気に作品へ引き込まれます。
全体的に、脚本とか映像の見せ方とかが素晴らしいと思います。
もう一度、映画館に足を運んで観てみたいと思わせる作品です。
いろいろな意味で奥が深いです。
デンゼル・ワシントンの頭が切れて常に冷静な刑事の演技も非常に好感が持てます。

デッドマンズ・チェストはともかくナショナル・トレジャーでがっかりしましたが、「ジェリー・ブラッカイマー系」のこの作品は他人にお薦めできる作品です。ただ、相当、集中して観ないとついていけなくなると思いますが・・・。

参考:
デジャヴ – goo 映画
デジャヴ@映画生活

作品の評価:
『デジャヴ』(セガール気分で逢いましょう)

パンフレット 評価:★★★★(ストーリーも詳しく載っていて、「図解」入りなので、副読本としてお薦め)
価格700円 縦



■追記:ここからネタバレっぽい感想

原題も「デジャヴ」なんで、観るまでは「オカルトもの」とか「超能力もの」とかと思ってましたが、今まで観た作品のなかではジョン・ウー監督の「ペイチェック 消された記憶」のノリに近いかなと思いました。
ペイチェックとかバック・トゥ・ザ・フューチャー、サウンド・オブ・サンダーとかを観て、「タイムトリップもの」を事前に観て、慣れておくとよいかもしれません。
ただ正直、最後は「帳尻合わせ」っぽいですが・・・・。
オープニングの「ジェリー・ブラッカイマー・プロダクションのロゴ」の出方がいつものと若干違ってたのですが、今思えば、ストーリー展開を暗示するものだったんですねぇ・・・・。

「デジャヴ – Deja vu (Dejavu) – (個人的評価:★★★★)」への10件のフィードバック

  1. デジャヴ

    過去とともに 今を同時に 生きている  正直言って、タイトルに魅かれて観た、と言ってよいでしょう。話の中身は、予告を観ててもよく分からなかったし。ま…

  2. ★「デジャヴ」

    今週の週末も、何観るか迷ったなぁ。候補はこの他に、ニコール・キッドマンも声の出演してる「ハッピーフィート」・・・ミラ・ジョヴォヴィッチの「ポイント4…

  3. 「デジャヴ」ありえるかもな、でもどうかな腑に落ちない

    「デジャヴ」★★★★オススメデンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン主演トニー・スコット 監督初めてなのに、ここって以前に来たことがあるような…

  4. デジャヴ

     『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』の事件捜査版とでもいうのでしょうか、同じようなタイムマシンものですが、あちらが17年前に立ち戻

  5. 「デジャヴ」見てきました。

     昔はよくデジャヴを感じましたが、最近はあんまり感じないんですよね。。。と言うことで、デジャヴを見てきました。

  6. デジャヴ

    デンゼル・ワシントンのデジャヴものって面白そう!何の根拠もないですが。(笑)06年2月28日、海軍の水兵とその家族たちを乗せたフェリーが、突如大爆発を起こし、543名死亡するという事故が起きる。ATFの捜査官ダグの捜査で、テロ事件だったことが判明する。ま

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です