ウォッチメン – WATCHMEN – (個人的評価:★★)

さっそく「ウォッチメン」を観てきました。

観終わった直後は、「この世界観は受け入れづらい」と思いました。
まず、「スーパーヒーロー」達にカリスマ性をほとんど見い出せず、Dr.マンハッタン以外は、極端な話、「ただのコスプレ」「コスプレ自警団」にしか見えませんでした。ナイトオウル2世は「バットマンのバッタもん」だし、コメディアンは「太った赤影」にしか見えなかったし、スーパーヒーローがスーツを脱いで「ベッドシーン」というのも、ちょっと引きました。しかもそのベッドシーンの当事者が「スーパーヒーロー」っぽくなかったので、余計にそう思いました。まあ、よく言えば、いままでになかった「ヒーローもの」とも言えますが・・・。唯一、ロールシャッハが「ダークヒーロー」っぽくちょっとカッコいいなと思いましたが、あっさり「ネタバレ」してしまいましたし、結局「イマイチヒーロー」でした。

ストーリー的には、2時間40分でも表現しきれてないと思いました。
パンフレットやWikipediaの「あらすじ」を読むと「なるほど!」と理解できますが、観ている時は、今までの経緯が「回想シーン」で流れるので、理解しにくいところがあり、いかにも無理やり、2時間40分に収めた感を受けました。「あらすじ」だけ読むと、非常に面白そうに思いましたが、本作を観て、ストーリーの「面白さ」を感じなかったのは、この「世界観」を映像化するのが非常に難しいということを如実に表しているのかもしれません。

あと、アメコミ作品=面白いということでもないことは今後、観る前に気をつけなければならないでしょうね。

参考:
ウォッチメン – goo 映画
ウォッチメン@映画生活

作品の評価:
ウォッチメン(ハル@シネマ)
映画感想「ウォッチメン」(三匹の迷える羊たち)

パンフレット 評価:★★(高い割には写真が少ないか。。。)
縦 700円



「ウォッチメン – WATCHMEN – (個人的評価:★★)」への7件のフィードバック

  1. ウォッチメン ニクソンさんったらまたまたこんにちは!

    【 20 -5-】 昨夜は、東京から仕事で来られていたフリスコ社労士事務所の桑原さんと京橋にて粉まみれ宴会(←お好み焼き屋に行ったってこと)。急遽、桑原先生の東京でのお知り合いで先月から兵庫で開業されている方も参加されたのだが、お話ししていると、去年、登録され

  2. ウォッチメン

    アメリカの同名グラフィック・ノベルを『300』のザック・スナイダー監督が 映画化。 数々の歴史的事件を陰で見守ってきた"ウォッチメン"と呼ばれたヒーロー達が 何者かに次々と消されていく事件が起き、その事件をウォッチメンの一人が 真相を追うが、

  3. ウォッチメン

    何度か予告編を見て、「何じゃこの映画?訳が分からないなぁ~」と思ったんだけど、アメコミだったのね~【story】ジョン・F・ケネディ暗殺事件、ベトナム戦争、キューバ危機など、世界を揺るがした事件の陰には常に≪監視者≫がいた。彼らは“ウォッチメン”と呼ばれ、人々

  4. 「ウォッチメン」

    「ウォッチメン」、観ました。1985年のアメリカ、活躍してきた超人同盟ウォッチメンは、法律で活動が制限させられていた。そんな中、メ…

  5. WATCHMENを見てきました

    今日は映画を見に行きました。「WATCHMEN」というアメコミを映画化したようなやつです。ある方が薦めていらしたので見に行こうかと。それにし…

  6. 『ウォッチメン』(2009/ザック・スナイダー)

    『ウォッチメン』サントラ、超豪華な顔ぶれ!というエントリーを以前にUPしましたが、やはり音楽が抜群に素晴らしかった!

    というわけで…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です