ミスト – The mist – (個人的評価:★★★)

遡りの投稿で恐縮です。。。。
ミストを観てきました。

スティーブン・キング原作というのにはあまり触手が動かないのですが、「衝撃のラスト15分」という「煽り」に期待して観に行きました。
川崎では、TOHOシネマズのみでの上映だったので、私が行った夕方の回はなんと満席という大盛況ぶりでした。

確かに、あの15分間は『衝撃』でしたが、見事に伏線は張ってたし、作品を通して伝えたい製作側のメッセージに繋がってるような気がしました。
作品中に出てくる『霧の中の物』はつい最近DVDが発売になった『あれ』や『あれ』と映画館で上映中の『あれ』になんとなく似てるような気がしますが、そういう作品だとは思ってなかったので、驚きでした。
片田舎のスーパーでの密室での人間達の心理劇みたいな感じですが、『霧の中の物』の多彩さが単なる「密室劇」には終わらずに、奥の深い作品になっているような気がします。
最初は「霧」と「軍」というキーワードで、宇宙人を題材にしたものだと読んでいたのですが・・・・。

パンフレット 評価:★★★(ねたバレな内容なので、上映前に見ないほうがいいでしょう。)
価格600円 横

参考:
ミスト – goo 映画
ミスト@映画生活

作品の評価:
ミスト(見てるか、B級!? )

「ミスト – The mist – (個人的評価:★★★)」への7件のフィードバック

  1. 「ミスト THE MIST」思想はないが恐怖がここにある

    「ミスト THE MIST」★★★トーマス・ジェーン 、マーシャ・ゲイ・ハーデン主演フランク・ダラボン 監督、2007年、アメリカ、125分こんな内容の映画でもちゃんと成立させるから、すご腕だ。ひどい嵐のあった翌日、かつて経験したことのない濃い霧に…

  2. ミスト

    本作は、『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビ、≪原作:スティーヴン・キング≫と≪監督:フランク・ダラボン≫が描くパニック・ミステリーだ。なんでも、原作のラストを変えて驚愕のエンディングが用意されているらしい。怖い、、、怖いよぉ~大判のタオル

  3. ミスト

    スティーブン・キング原作と聞くと何故かやっぱり気になる。f(^^;)それにキャッチコピーは「映画史上かつてない、震撼のラスト15分」 だそうです。ほんとか~?(笑)激しい嵐が街を襲った翌日、湖の向こう岸に不穏な霧が発生していた。デイヴィッドは不安

  4. スティーヴン・キング&フランク・ダラボン「ミスト」

    のどかな田舎町を突如襲った正体不明の“霧”。それが街を包んでいく中、身動きが取れずスーパーマーケットに取り残された人々。その中にはデヴィッドと息子ビリーもいた。霧の中には“何か”がいる。次第に明らかになっていく戦慄の事実の数々。生き残るためには、….

  5. 【映画】ミスト…最悪の気分になりたい方にオススメ

    寒いです{/face_hekomu/}。今朝うちの周囲は薄っすらと雪景色{/kaeru_snow/}でありました(※一部山沿いの地域では積雪も…って地域なのねうちって{/face_ase1/})。本日休みの予定だった私ですが、急遽今日の仕事が発生しちゃったため{/face_hekomu/}仕事に行ってきました{

  6. 『ミスト』’07・米

    あらすじガラス窓を破るほどの嵐の翌日、スーパーへ買い出しに出掛けたデヴィッド(トーマス・ジェーン)。軍人やパトカーが慌ただしく街を往来し、あっという間に店の外は濃い霧に覆われた・・・。感想映画史上かつてない震撼のラスト15分映画のキャッチコピーだそうで…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です