ノーカントリー – NO COUNTRY FOR OLD MEN – (個人的評価:★★)

何かと話題のノー・カントリーを観てきました。

まずは、邦題の「ノーカントリー」って・・・・。
確かに「ナイロビの蜂」のように邦題でひねらないと直訳通りだと興行的に厳しいのは理解できますが、もうちょっと何とかならなかったのかと思います。
作品的には、ハビエル・バルデムの快演ぶりで注目が集まっていますが、主役はトミー・リー・ジョーンズなんですよね・・・。原題から、本作の終わり方も理解できなくもないですが、あのラストのセリフをしみじみ理解するには、私のような40台のヒヨッコには若すぎますか?? 私は心に響かなかったですね・・・・。
ラスト近くまでは、田舎で繰り広げられる不死身のおっさん同士の1対1の「決闘」のような展開で、さすがは「オスカー作品」と思わせますが、肝心のラストは、かつてのB級ホラーを思い起させるようなぶっ飛びぶりにある意味、驚きました。本作を観た時点の年代によって、評価が分かれそうな作品と思います。そういう意味で、私の評価は「期待外れ」の部類に入るのかなと思いますが、何年か経ってからもう一度観てみたい作品には感じました。
個人的には、「アントン・シガー」のサイド・ストーリーを題材にした映画が観てみたいと思いました。
このキャラクターを本作品で終わらせるのは、もったいないような気もします。

パンフレット 評価:★★★(インタビュー記事あり)
価格600円 横

参考:
ノーカントリー – goo 映画
ノーカントリー@映画生活

作品の評価:
ノーカントリー(日っ歩~美味しいもの、映画、子育て.…)

「ノーカントリー – NO COUNTRY FOR OLD MEN – (個人的評価:★★)」への9件のフィードバック

  1. おかっぱ頭の殺人鬼 こえーっ!「ノーカントリー」

     昨日は映画の日なんで春闘終わって腑抜けな状態の書記長社労士はフラフラと映画館へ。しかしネットで事前予約が出来て、決済もネットで済ましておいて、映画館では並ぶことなくチケットを受け取れるってのはホントにお手軽だ。昔ならわざわざ映画館に行ってみたのに、混雑

  2. 「ノーカントリー」完全無欠の追跡者、誰も逃げられない

    「ノーカントリー」★★★★オススメ・完成度高いトミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム 、ジョシュ・ブローリン 主演、ジョエル・コーエン 、イーサン・コーエン 監督、2007年、アメリカ、122分偶然見つけた複数の死体の側には大金と大量の…

  3. ノーカントリー

    第80回アカデミー賞で、≪作品賞≫≪監督賞≫≪脚色賞≫そして≪助演男優賞≫を受賞した本作の公開を待ちわびた。特に助演男優賞のハビエル・バルデムの演技をとっても楽しみにしていた―【story】狩りをしていたモス(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量の

  4. ノーカントリー:映画

    今回紹介する映画は、作品賞など、アカデミー賞4部門に輝いたコーエン兄弟監督作の『ノーカントリー』です。ノーカントリー:ストーリー狩りをしていたルウェリン(ジョシュ・ブローリン)は、死体の山に囲まれた大量のヘロインと200万ドルの大金を発見する。危険なにおいを

  5. ノーカントリー: NO COUNTRY FOR OLD MEN

      第80回アカデミー賞 4部門受賞作品 「ノーカントリー」 今までに観たことがない殺人鬼、ハンニバル・レクター以上に凄い男をハビエル・バルデムが演じています。そしてこの役で彼は見事、最優秀助演男優賞をゲットしたわけです。 3月18日、東宝シネマズ二条

  6. 【劇場映画】 ノーカントリー

    ≪ストーリー≫メキシコ国境に近い砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モスは、大量のヘロインと現金200万ドルが残されているのを見つける。危険を承知で大金を奪ったモスに、すぐさま追っ手がかかる。必死の逃亡を図るモスを確実に追い詰めて

  7. 『ノーカントリー』

    アカデミー賞4部門受賞の話題作をやっと鑑賞ー。とにかくハビエル・バルデムのイッちゃった演技は強烈でした。テキサスの砂漠で狩りをしていたモスは、銃撃戦が行われたと思われる現場を発見。複数の死体が転がる現場には大量のヘロインを積んだトラックがあり、近くからは2

  8. 【映画】ノーカントリー…ホリヤ君の怪演ナイス!

    一昨日の記事でサブタイトルが上手く思いつかないから{/face_ase2/}と保留した本日の記事ですが…結局こんなのでスイマセン{/dogeza/}(サブタイトルの意味は最後まで読んでいただけると分かると思いますが…伝わることは無いと思います{/face_ase2/})さて本日{/kaeru_fine

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です