グッドナイト&グッドラック – Good Night, And Good Luck. – (個人的評価:★★)

使いそびれていた「東宝株主優待券」が5/31で有効期限が切れるので、どの作品に使おうかと思案していたところ、ジョージ・クルーニー監督、スティーブン・ソダーバーグ総指揮の作品で期待していた「グッドナイト&グッドラック」が時間的に合ったので、観にいって来ました。
川崎TOHOシネマズに行ってきたのですが、夕方1回のみの上映のため、座席は9割方埋まっていて、客層も20代後半以上の女性が目立ちました。皆さんクルーニーのファンでしょうか??

観終わった感想は「起承転結」の「起」「結」がわかりにくかったです。
「起」は不必要に長く、「結」は「えっ!これで終わりなの?」と言った感じでした。
パンフレットを読めば、後である程度、理解は出来ますが、本編を見ただけでは、いささか「消化不良」な感がありました。このような作品は何かの「メッセージ」が伝わってくるものですが、この「消化不良」な結末で何を伝えたいのかがよくわからなかったです。

それにしても、登場してくる人、みんな煙草吸いまくってますね・・・。
あんなに煙草を吸ってるシーンが登場する映画はあまり観たことがありません。
何か意図があるのでしょうかねぇ??

私が煙草を吸わないから、過剰に気になっているだけかもしれませんが・・・。

あと、細かい話ですが、映像が全編モノクロのため、白っぽい映像の時に「日本語字幕」が重なると見辛かったです。英字のクレジットでは、白い文字を使っていましたが、黒い縁取りがされていたので、見えましたが、日本語字幕は何も処理されていなかったせいもあるかと思います。
技術的に難しいかもしれませんが、配慮すべき点だと思います。

パンフレット 評価:★★★★(キーワード解説あり、マローの年表あり、ストーリー詳細、副読本に最適)
価格600円 34ページ 横

参考:
グッドナイト&グッドラック@映画生活
Good Night, And Good Luck. Film Site(英語サイト)

作品の評価:
『グッドナイト&グッドラック』 (ペーパーバック・ライター/桑畑四十郎)
グッドナイト&グッドラック (今日のできごと)
「グッドナイト・アンド・グッドラック」Good Night, and Good Luck(レヴュー) (「USAのんびり亭」映画情報)

「グッドナイト&グッドラック – Good Night, And Good Luck. – (個人的評価:★★)」への5件のフィードバック

  1. 【 グッドナイト&グッドラック 】

    1950年代、上院議員マッカーシーによる”赤狩り”に立ち向かったニュースキャスター、エド・マローと番組スタッフたちの社会派ドラマ。日本人には馴染みが薄い…

  2. Good Night, and Good Luck. ? 今月観た映画その1

    5月は2本の映画を観て来ました。その中で、前から楽しみにしていたのが「Good Night, and Good Luck.」でした。メディア大国アメリカ…

  3. 「では、ごきげんよう」

    上映開始直後にみた映画で、同じ日には「ダ・ヴィンチ・コード」で観客をとられていたが、地味ながらメッセージ性のあるお勧めのジョージ・クルーニー監督、共同脚本、出演の映画「グッド・ナイト&グッドラック」2005年にアカデミー賞にもノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です