ヤッターマン (個人的評価:★★★)

月1回の「TOHOシネマズデイ」で1000円だったので、ヤッターマンを観てきました。

個人的には、日本映画で何度も失望していて、ほとんど劇場では観ないので、日本映画は「大日本人」以来でした。観に行った理由は、「1000円」「子供の頃原作をテレビで観た」「深田恭子」で、あまり期待せず「深田恭子が見られればいいか」くらいのノリでだったのですが、1000円なら十分作品を堪能できたと思います。私と同じ考えの人が多かったのか、240席は全席埋まっていました。

観ていて一番に「懐かしさ」を感じたのと、ヤッターマンの独特の世界観を実写で違和感なく表現できていたのがよかったのではないかと思います。あと、実質、主役はドロンジョの深田恭子だったと思いますし、槍魔栗三助もとい生瀬勝久はリアル・ボヤッキーだし、トンズラの「ケンコバ」も頑張っていて、完全にヒール側がヤッターマン1号、2号の存在感を喰っていたと思います。もっともアニメの時もドロンジョたちあってのヤッターマンでしたが・・・。

ヤッターマンを観た3日前にドラゴンボール・エボリューションを観ていて、今週からヤッターマンvsドラゴンボールと奇しくも「アニメ原作・実写版」対決にもなっているのですが、個人的には、ヤッターマンに軍配をあげたいですね。やはり、日本のアニメなら日本語で実写化がいいと思いました。

参考:
ヤッターマン – goo 映画
ヤッターマン@映画生活

作品の評価:
ついに完成!ヤッターマンを見てきました!(カフェ・ヤプ!シネマージュ~映画情報のスペシャルブログ)
『ヤッターマン』(チャーリー式)
ヤッターマン(Akira’s VOICE)
「ヤッターマン」 第1位!(映画コンサルタント日記)

パンフレット 評価:★★★(出演者のインタービュー記事あり。高いがオリジナ作品の説明もあり)
縦 800円



「ヤッターマン (個人的評価:★★★)」への10件のフィードバック

  1. ヤッターマン

    タイムボカンシリーズの人気アニメ『ヤッターマン』を嵐の櫻井翔と 福田沙紀で実写化。高田玩具店のひとり息子ガンちゃんは、父の設計したヤッターワンを 完成させ、ガールフレンドの愛ちゃんと一緒に正義の味方ヤッターマン1号・ 2号として、4つあつめると願いが叶う

  2. ヤッターマン

    あなたと 実を結ぶ アニメ越え♪ で、ちょいとドラゴンボール実写版の「エボリューション」なる映画の話を、先だって「ブルマ」というタイトルでクチコミネタ書いたけど、そこに・・・。「ところで、最近、観る映画の動機が以前と違ってきたやんね。なんかが狂ってきた

  3. 『ヤッターマン』2009・3・8に観ました

    『ヤッターマン』 公式HPはこちら ←クリック  ●あらすじ(序盤)今日もヤッターマン1号(櫻井翔)・2号(福田沙紀)は、ドロンジョ(深田恭子)ボヤッキー(生瀬勝久)トンズラー(ケンドーコバヤシ)のドロンボー一味と熾烈な戦いを展開していたが。

  4. びっくりどっきり!実写版ヤッターマンを観てきました

    全国の女子高生の皆さん、こんにちは。 予想外にというべきか、想像以上にというべき…

  5. 映画日記りぼーん『ヤッターマン』

    ただいまクニオイベントから再び新宿に移動中。また映画を見るためさ。で、武蔵野館を出てから再び新宿ピカデリーに戻って『ヤッターマン』を見たのさ。うん、アニメを実写化させたのは凄いけど、変に恋愛をねじ込んだりしてアニメの快活さが半減してたのは残念。4つ集まる

  6. ヤッターマン 2009-14

    「ヤッターマン」を観てきました~♪おもちゃ屋の息子ガンちゃん(櫻井翔)とガールフレンドの愛ちゃん(福田沙紀)は、実はヤッターマン1号、2号としてドロンボー一味と戦っている。ドクロストーンを探す海江田博士(阿部サダヲ)が、オジプトに向かったという情報を得、オ

  7. 『ヤッターマン』

    この間の休みに『ヤッターマン』を新宿ピカデリーに観に行ってきました。新宿ピカデリーのポイントも8ポイントまでまたたまってきましたー。********************“タイムボカン”シリーズの第2弾として人気を博した往年のTVアニメを多作の奇才・三池崇史監督が実

  8. ヤッターマン

    深キョンが話題になりました。
    やっぱり私の世代としては観とかないと。(笑)

    高田玩具店の1人息子のガンちゃんは父の遺志を継ぎ、
    犬型の巨大ロボット“ヤッターワン”を完成させ、
    ガールフレンドのアイちゃんと力を合わせ、
    愛と正義の味方ヤッターマン1号・2号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です