ダイ・ハード4.0 – LIVE FREE OR DIE HARD – (個人的評価:★★★)

ダイ・ハード4.0を先行で観てきました。私が観てきた回はお客さんの入りも8割程度で上々でした。

大作らしく、金のかけ方が明らかに半端じゃないなかったようなド迫力のシーンの連続で、2時間はあっという間でした。「ダイ・ハード」シリーズは「そんなにうまいこと行くか~?」というシーンが(特にダイ・ハード2から)随所に見られるのですが、今やジョン・マクレーンも「悪運の強い男」で通っているので、まったく違和感がなくなっています。これも4作通して、そのようなノリで通してきたからこそなんでしょうね。

何度も修羅場をくぐり抜けてきたジョン・マクレーンですが、1作目や2作目と比べると常に冷静でキャラクターが微妙に変わってるのかな?と思いました。
ガブリエルの一味に娘を人質を取られたときもまったく冷静でしたし・・・。

アクションに力を入れ過ぎた分、ガブリエル一味の計画など「説明不足」の感は若干あったのと、シリーズの特徴でもあった「えっ?そう来るか!」的なドンでん返しがなかったのが若干物足りなかったような気がしますが、気分転換に見に行くのはお勧めの作品だと思います。

参考:
ダイ・ハード4.0 – goo 映画
ダイ・ハード4.0@映画生活

作品の評価:
300文字で『ダイ・ハード4.0』(セガール気分で逢いましょう)
映画「ダイ・ハード4.0」(試写会)感想(女でもグーで殴る)
ダイハード4.0(Matimulog)

パンフレット 評価:★★★(大作にしては価格的に安価。写真多め)
価格600円 縦


「ダイ・ハード4.0 – LIVE FREE OR DIE HARD – (個人的評価:★★★)」への14件のフィードバック

  1. 映画「ダイ・ハード4.0」(試写会)感想

    知らないうちに、サイバーテロの片棒を担がされていたハッカーの青年。知らないうちに、テロの一味から消されかかったその瞬間、FBIに頼まれて彼をしょっぴきにやってき…

  2. ダイ・ハード4.0

    先行レイトショーで観て来ました。シリーズ4作目のダイハードはサイバーテロとの戦いということで、緻密な頭脳戦かと思ってたんですが、全然そんなことは無く、痛快アクシ…

  3. ダイ・ハードが戻ってきた

    いやいや、行ってきましたよ先行ロードショー。記事にするの遅くなったけど。やっぱりブルース・ウィルスはアルマゲドンでもヒットマンでもなくニューヨーク市警の警官で死…

  4. ダイハード4.0

    1†3はなかなか面白かったです。おすぎさんがテレビで「観た日はひどい咳をしていたんだけれど、アクション満載で、観ている間は咳が止まった」と言…

  5. 「ジュマンジ」(じゅまんじ)ロビン・ウィリアムズ(ろびんうぃりあむず)

    「ジュマンジ」(じゅまんじ)ロビン・ウィリアムズ(ろびんうぃりあむず)好きな映画のひとつですね。とにかく痛快に大暴れなんだけど、きちんと大きなテーマがあり、推理…

  6. ダイハード4.0 声優の詳細

    インディ・ジョーンズ4インディ・ジョーンズ4インディ・ジョーンズ4の製作が開始さ…

  7. 「ダイ・ハード4.0」これが見納め?だからこそ劇場へ行こう!

    「ダイ・ハード4.0」★★★★★満足オススメブルース・ウィリス主演レン・ワイズマン 監督、アメリカ2007年参考人の青年を移送する仕事、…

  8. ド迫力 ダイハード4.0 観てきました。

     2007年の本命映画の1つダイ・ハード4.0を観てきました。アクション映画と言うより、アクションコメディ?!

  9. ダイ・ハード4.0

     ストーリーが単純でわかりやすく、それでありながらハイテク(というより、ハイテクもどき)やアクションシーンも盛りだくさんです。  全体をそつなくまとめてあり、ある意味とても優等生的なアクションバラエテ

  10. ダイ・ハード4.0 (Live Free Or Die Hard)

    監督 レン・ワイズマン 主演 ブルース・ウィリス 2007年 アメリカ映画 129分 アクション 採点★★★★ 子供の頃から映画を観続けてきて、その登場人物らに理想の大人像なり男像を見出してきちゃってた私。まぁ、どれもこれも理想のまま終わり充分に育ちきっちゃったんです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です